┣生き方

この写真で1番に目に入ってきたものはなんですか?

投稿日:2021年3月7日 更新日:

朝から歯を磨きながらベランダで外の空気を吸おうとしたら

鳥に癒された彩さんです( *´艸`)

 

 

大阪市内に住んでいて

この手の鳥を見たことないのですが

可愛いから葉っぱを食べに来ているんだけど

この子たちのための葉っぱは

わざとネットをかけずにオープンにしています(笑)

 

 

葉っぱは食べられるけど

おかげさまで可愛い鳥のさえずりが聞こえて

癒されるという

お互いにwin-winな関係性♡

 

 

と、いうことで今日のブログスタートです!

 

この写真で1番に目に入ってきたものはなんですか?

 

 

今は人が大好き!

そして1人で生きていくことが

出来ないのが分かっているけど

数年前までは『人間不信』でした。

 

 

キッカケはパワハラ。

 

 

どれだけ寄り添ってもダメだった。

さらには勤めていた病院にさえも

「お前の変わりはいくらでもいる!」と

言わんばかりに見捨てられ

「誰も信用なんてできない!」

「信用できるのは自分しかいない!」と思い込んでいました。

 

 

でもね、最近身に染みて思うのは

『人は1人では生きていくことが出来ない。』

そして『自分の成長のためには必ず人がいる。』

ってことです。

 

 

 

それはなぜか???

 

 

 

相手がいることで

自分の『盲点』に気づけるからです。

 

 

 

人ってね、残念ながら

自分の見たいものしか見えていない。

聞きたいことしか聞くことが出来ない。

 

 

視覚、聴覚といった

自分にに入ったものを全て平等に

重要事項としてとらえているわけではないんです。

 

 

 

 

例えばこちらのフルーツの盛り合わせの画像。

 

 

あなたは、真っ先に何が目に入ってきましたか?

 

 

ただのフルーツの盛り合わせの画像だけど

まずは、1番に目に何かが入り込んだはず!!

 

 

そして面白いのは

 

盛り付けの芸術性に感動する人。

カエルのフルーツの盛り合わせどうやって作ったんだろう?

と考える人。

大好きなフルーツに目がいく人。

 

 

同じ写真を見ても

感じることは十人十色であり

全く同じ人はいません。

 

 

 

そして、これらの認識というのは

あなたの中にある重要性と知識の量で決まるのです。

 

 

 

例えば、マンゴーやメロンが花のようにデザインされていますが

そもそも『花』を知らないと

花とさえ認識できません。

 

 

スイカをくりぬいたカエルだって

カエルを知らなければ

違うものに見えるでしょう。

 

 

 

つまり、自分の中での盲点に

気づくためには

自分以外の人や物から学ぶことって

たくさんあるんです。

 

 

 

20年も生きていると

人は必要最低限生きていけるだけの知識は

得ることは出来ます。

 

 

が、あなたが知っていることは

そこからアップデートできていますか??

 

 

今の時代、そして日本はありがたいことに

必要最低限の生活は保障されている国。

 

 

 

だからこそ、そこから

どう自分の人生を楽しめるようにするのか?

が、20歳以降の楽しみ方ではないかと考えています。

 

 

 

1人でご飯も食べることが出来なかったのに

ご飯が欲しかったら泣くことでしか訴えれなかったのに

20年で必要最低限の生き方を身に付けられたって

凄いと思いませんか???

 

 

人生100年時代であるならば

残りの3/4は自分の人生をより豊かにしていく時間にしていきませんか??

 

 

 

だって、どんなことがあっても

必要最低限生きるための知識は身についているのですから♪

 

 

 

お金がない、時間がない、人間関係は選べない

仕事や家族があるから行きたい場所に行けない

お金を稼ぐために休暇は取れない

 

 

もし、この中に1つでも

あなたのスタンダードがあるならば

そこから『自由』になれるヒントを

ここで見つけることが出来るかもしれません。

 

 

21935_ntmwode0mjeyzmmzn

 

 

今もし、お金・時間・場所・人間関係・休暇といったところで

お悩みがあるのであれば

あなたの『盲点』を見つけてみませんか??

 

 

The following two tabs change content below.

住吉彩

1991年6月17日 大阪生まれ。自分らしい生き方・働き方を実現させるドリームサポーター、管理栄養士。 病院・管理栄養士として1000人以上の栄養サポート経験を活かして独立し、講座やセミナー、カウンセリングを行う。2020年からは、これまでの経験をさらに活かし、生き方や働き方、起業のサポートも行う。詳しくプロフィールを見る

-┣生き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「本当にやりたいことを見つけてから行動しよう!」と思っているあなたへ。

  「本当にやりたいことを見つけてから行動しよう!」と思っているあなたへ。 「このままの自分は嫌だ!」 「このまま死んだら絶対に後悔する!」 「今の職場でやりたいことを見つけるのか?転職する …

【動画付き】資格&セミナーマニアでお財布がさみしい方へ。

Food Life Design ~食で自分の人生を自由に描く~ 管理栄養士の住吉彩です。     いつから太陽を見ていないだろうか??   たぶん、29年という人生で …

私、生きている意味ある?

  私、生きている意味ある?   今年もあと2週間。     いやー、本当に人生どうなっているか 分かりませんね!   今年は起業してから1番の大きな …

「人生とは我慢だ」

  「人生とは我慢だ」     無事に大阪に帰ってきた彩さんです(^^)     日本唐揚協会会長という 好きな食べ物で16万人の会員数を誇る 日本最 …

コロナ禍から考える新しい生き方。

  コロナ禍から考える新しい生き方。   コロナが日本で広まってから 約7~8か月が経ちました。     私はほとんど見ていませんが やはりまだ連日、コロナのニ …


オンリーワン生き方&起業サポーター
住吉 彩/Aya Sumiyoshi

 

 

保有資格:管理栄養士、野菜ソムリエプロ

1991年6月17日 大阪生まれ。武庫川女子大学卒業。

1991年6月17日、
食べることが大好きな3弟妹の長女として
大阪で生まれる。

思春期になり、流行のダイエット法に振りまわされ、
大好きだった『食べること』を楽しめなくなり
その上、自分に自信が持てなくなったことがきっかけで
食の大切さや楽しみを伝えることの出来る
管理栄養士を目指す。

卒後、糖尿病・腎臓病専門病院で
管理栄養士として肥満の方などを始め、
1000人以上の方に食事指導
栄養管理・健康講座などを経験。

その後、スキルアップのために総合病院に転職するも、
パワハラがキッカケで4か月あまりで職場で
過呼吸となり休職することになる。

一度は、熱い想いのある”食”に関わることは
辞めようと思ったが、
休職期間中に起業という働き方を知り
「心身ともに“健幸”な社会を創りたい!」という
学生時代からの想いを形にするため独立を決心。

しかし、起業の仕方が分からなかったため
起業塾に通い詰めるが、学べるものは
自分の想いややりたいことよりも
コンサルが思う「売れるポジション」を重視した
過酷なノウハウや課題ばかりで
コンサル期間は頑張れても期間が終わると
元の自分に戻ることを繰り返し
起業塾難民期間2年で200万円を事故投資する。

その後、とある方との再開をキッカケに
働き方ではなく、あり方・生き方から自分自身を見直し
使命を燃やし必要とされている方の
お役に立つ起業家として再出発をする。

現在、過去の自分と同じお悩みを抱えている
・想いはあるがどのように起業したらいいのか分からない方
・思い切って起業したが、結果が出ずに行き詰っている方に
【My Landビジネスコンサルタント】
として活動をしている。

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930