┣私の生き方

クリスマスに起きた2つの悲劇

投稿日:2020年12月26日 更新日:

 

2日間に渡ってお届けした

彩サンタからの贈り物を受け取ってくださった方

ありがとうございます(^^)/

 

 

2021年は、一歩踏み出す気持ちがある方を

どんどんサポートさせていただいて

一緒に彩り豊かな人生を循環できる方を増やしていきたいので

その第一弾!を手に取っていただき嬉しいです♪

 

 

 

さてさて、今年のクリスマスも

思い出&学びになることがたくさんありました!

 

 

と、いうことで今日のブログは

その第一弾!をお届けしますね(^^)

 

クリスマスに起きた2つの悲劇

 

今日は悲劇から得た『気づき』を

ドド―ーーン!!!と2つシェアしますね。

 

 

まず1つ目。

先日、とあるパーティーがあり

ビンゴ大会があったのです。

 

 

私は、2番手の景品がまだ残る序盤からリーーーチ!!!

 

 

とっても嬉しくて

周りの声もありルンルンでその場に立ちました♪

 

 

 

でも、その後

どの数字が出ようがリーチの数を増やし続けるだけで

ビンゴにならない・・・。

 

 

そうすると、周りは楽しい雰囲気だし

自分も「全然、ビンゴにならないんですけど~~」と

ニコニコいいながらも

楽しんでいるはずなんだけど

ずーーーっと立ち続けると人間の真理はどうなるのか???

 

 

「悪いことをして立たされている」気分になってくるのです。

 

 

 

これ、小学生くらいまでに通用する

悪いことしたら廊下に立っときなさい!

が、ずっと染みついているからですよね。

 

 

実際、幼少期に廊下に立たされたことはないけれど

立ち続けることはイケないことという

固定概念からどんなに楽しい空間にいても

ダメなことをしている気持ちが出てくるんですよね。

 

 

 

幼少期の固定概念は

特に大人になっても強く残るので

どんどんぶっ壊すことが

豊かさや自由への第一歩だな~と実感しました。

 

 

 

ちなみに、ひたすら立たされ続けた私。

ビンゴが始まるや否や配られたクリスマスデザートは

こんな風になっていました。

 

 

トナカイ、とろけて消滅( ;∀;)(笑)

 

 

私にとってはあの場に入れることだけで

特大プレゼントなので良かったですが

良い気づきを得ることが出来ました♪

 

 

 

そして、2つ目。

昨日母が「(自分の)妹が教えてくれたんだー!

すごくない?!」っとルンルンで

家族LINEにシェアしてきたこちらの画像。

 

 

 

まさかの自分の子供たちに

瞬殺でバッサバサ切られていました。

 

 

「お母さん、すぐにネットの情報に騙されるんやから」

「ちょっと、落ち着き」

「数学でもなく、算数の問題やで」

「12月31日に言うならまだわかるけどもさ~」

 

と、ここまで言われても気づかない母。

 

 

 

「ん?なんのこと?どういうこと?」

と1人あたふたしているので

 

「年齢=西暦-生まれ年は常識やろ!

みんなそうや!」

といわれてようやく気付いたところでした。

 

 

 

子どもたちの間では

「久しぶりのチェーンメールだ!懐かしい~」

「こうやって良いことも悪いことも瞬時に広がるんだね。」

「携帯の扱い、気をつけよ~」という会話になっていたのですが

本当に怖いなと私は思いました。

 

 

 

よく、誰といるか?どんな環境にいるか?

が自分の人生を変えるとも言いますが

結局は『自分がどうあるのか?』

1番大事だということです。

 

 

 

この場合、母の妹も母も

「とってもいいことを聞いた!」ということで

全く悪気なくシェアしたんです。

 

 

これを違う場面で言い換えると、

あなたが何かをやろう!と思って誰かに相談すると

別の意見を言われることもあると思います。

 

 

「あなたを思って言っているのに」と

本当にその方は良いことをしていると

信じて疑わないのです。

 

 

今回の件では、あまりにも分かりやすいことなので

説明をすると一瞬でお互いが理解できることですが

義務教育で習わない

説明しづらいことも世の中たくさんあります。

 

 

血の繋がっている人だから

信頼できる場所からの情報だから

世の中色んな情報でまみれているからこそ

あなたがどうありたいのか?を大切にして下さいね。

 

https://resast.jp/subscribe/121468/170159

The following two tabs change content below.

住吉彩

1991年6月17日 大阪生まれ。My Landビジネスコンサルタント・管理栄養士。 病院・管理栄養士として1000人以上の栄養サポート経験を活かして独立し、講座やセミナー、カウンセリングを行う。2020年からは、これまでの経験をさらに活かし、生き方や働き方、起業のサポートも行う。詳しくプロフィールを見る

-┣私の生き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

地の時代から風の時代へ!

  地の時代から風の時代へ!   今日から2日間、東京に来ています(^O^)/     気づけば、今年はただでさえ出張が減りましたが さらに横浜止まりなことが多 …

4年ぶり2回目の宮古島で感じた変化

  4年ぶり2回目の宮古島で感じた変化   宮崎では2泊3日 普段では経験できないことを たくさん体験出来て感謝の気持ちでいっぱいの旅になりました。     & …

あなたにとって『働く』とは何ですか??

食と健幸の大切さを伝えたい人のためのドリームサポーター 管理栄養士の住吉彩です。   今日で8月も終わりですね(^^)   あなたにとって、どんな1か月でしたか?   & …

感謝とご報告

  感謝とご報告   昨日の2021年最強の日に 参加者の方のリクエストで生まれた 『プレミアム交流会』。     何時もはクローズドだけど 「最強の日に彩さん …

ただいま!覚醒して見えた数字は『120万』

  ただいま!覚醒して見えた数字は『120万』 3連休、いかがお過ごしでしょうか? 私は、先週1週間メルマガやSNSの発信などを抑えていました。     と、いうのも夏か …


My Landビジネスコンサルタント
住吉 彩/Aya Sumiyoshi

 

保有資格:管理栄養士、野菜ソムリエプロ

1991年6月17日 大阪生まれ。武庫川女子大学卒業。

食べることが大好きな3弟妹の長女として
大阪で生まれる。

思春期になり、流行のダイエット法に振りまわされ、
大好きだった『食べること』を楽しめなくなり
その上、自分に自信が持てなくなったことがきっかけで
食の大切さや楽しみを伝えることの出来る
管理栄養士を目指す。

卒後、糖尿病・腎臓病専門病院で
管理栄養士として肥満の方などを始め、
1000人以上の方に食事指導
栄養管理・健康講座などを経験。

その後、スキルアップのために総合病院に転職するも、
パワハラがキッカケで4か月あまりで職場で
過呼吸となり休職することになる。

一度は、熱い想いのある”食”に関わることは
辞めようと思ったが、
休職期間中に起業という働き方を知り
「心身ともに“健幸”な社会を創りたい!」という
学生時代からの想いを形にするため独立を決心。

しかし、起業の仕方が分からなかったため
起業塾に通い詰めるが、学べるものは
自分の想いややりたいことよりも
コンサルが思う「売れるポジション」を重視した
過酷なノウハウや課題ばかりで
コンサル期間は頑張れても期間が終わると
元の自分に戻ることを繰り返し
起業塾難民期間2年で200万円を事故投資する。

その後、とある方との再開をキッカケに
働き方ではなく、あり方・生き方から自分自身を見直し
使命を燃やし必要とされている方の
お役に立つ起業家として再出発をする。

現在、過去の自分と同じお悩みを抱えている
・想いはあるがどのように起業したらいいのか分からない方
・思い切って起業したが、結果が出ずに行き詰っている方に
【My Landビジネスコンサルタント】
として活動をしている。

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930